Category Archives: は行

精力成分百科事典トップ

豚プラセンタ

精力サプリの成分に配合される豚プラセンタ。ここでは豚プラセンタの効果をレポートします。

精力成分百科事典<豚プラセンタ>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「豚プラセンタ」についてご紹介します。

豚プラセンタ

豚プラセンタエキスはさまざまなサプリの成分として利用されています。

非常に有名な成分なので名前を聞いたことがあるという方も多いでしょう。

ここでは豚プラセンタエキスとはどんな成分なのか、精力増強にどんな効果を期待できるのかを紹介します。

豚プラセンタ

※参考:スキンケア大学「豚プラセンタの特徴と効果」

豚プラセンタの成分

豚プラセンタエキスは豚の胎盤を原料に作られる成分のことです。

胎盤は子宮内に存在するものでお腹の中の赤ちゃんを育てるために必要不可欠です。

そのため非常に豊富な栄養素を含んでおりそれが健康をはじめ美容や精力にも効果が期待できると注目されるようになりました。

今では食品やサプリだけでなく化粧品などにも豚プラセンタエキスが使われることがあるので、男性だけでなく女性にとってもよく知られた成分でしょう。

豚プラセンタエキスは他の動物のプラセンタエキスと比べても取れる量が多く、その結果として費用も安く抑えられるため成分として使いやすいことも魅力の1つです。

豚プラセンタの精力効果

では豚プラセンタエキスに期待できる精力効果を見ていきます。

プラセンタは女性に嬉しい効果ばかりが取り上げられるので、男には関係のない成分と感じている方もいるかもしれません。

ですが豚プラセンタエキスには豊富なアミノ酸が含まれており、そのアミノ酸の1つにアルギニンがあります。

アルギニンは精力効果が期待できると実に多くの精力サプリに使われている成分で、期待できる効果は血管拡張効果です。

血管拡張とは簡単に言うと血管が拡がって血液が流れやすくなる効果のことです。

つまりペニスにつながる血管が拡張されれば、ペニスに流れ込む血液の量も増え勃起力の向上が見込めるのです。

精力低下によって勃起力は確実に低下し、これが男性の自信を奪い精神的な面からも悪影響を及ぼします。

アルギニンの血管拡張効果は精力増強を目指すうえで欠かせない要素というわけです。

優れた成分であるアルギニンを豊富に含んでいるから、豚プラセンタエキスが精力サプリの成分として使われているのです。

豚プラセンタが含まれるサプリメント

豚プラセンタエキスはブラックジンジャー×プラセンタバリテインをはじめ、ゼルタインなどにも配合されています。

豚プラセンタエキスをしっかり摂取したいならこれらの精力サプリがおすすめです。

どれも人気のあるサプリなので安心して愛用できるでしょう。

豚プラセンタエキスは女性のためのものではなく男性にとっても嬉しい成分です。

精力増強を望むならこうした有効成分もしっかり摂取するように心がけましょう。

精力成分百科事典トップ

プロポリス

精力サプリの成分に配合されるプロポリス。ここではプロポリスの効果をレポートします。

精力成分百科事典<タイトル>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「タイトル」についてご紹介します。

プロポリス

精力剤には生薬と呼ばれるものも多くあります。

特に近年では自然由来の成分が見直されていて、多くの精力剤で主成分の1つとして使用されているようです。

生薬場合、基本的に天然由来ですので副作用が起こりにくいのが、大きなメリットだと言えます。

ここでは精力剤の成分としても注目を集めているプロポリスについて詳しく解説をしていきましょう。

プロポリス

※参考:Wikipedia「プロポリス」

プロポリスの成分

プロポリスは名前くらいなら聞いたことがあるという人も多いはずです。

週刊誌やテレビなどで特集が組まれることもあるほどなのですが、その正体はミツバチが作る成分になります。

ミツバチが巣を作るときに、巣の中を無菌状態にするために使われています。

ミツバチの巣ではタマゴや幼虫がたくさんいますが、生まれたての状態はどうしても抵抗力が弱く、すぐに死んでしまうのです。

そこで幼虫やタマゴが細菌に感染しないようにするのが、プロポリスだと考えてください。

抗菌作用があるのは勿論のことですが、炎症を沈める効果など様々なことに効果があると言われています。

一部では万病に効果のある成分ともされており、プロポリスは健康面でも美容面でも役立ってくれるでしょう。

ちなみにこのプロポリスを利用するのはセイヨウミツバチになります。

日本に棲息するニホンミツバチはプロポリスを用いて巣作りをしないそうです。

プロポリスの精力効果

プロポリスが精力剤として利用されるのは、その新陳代謝を活性化させる点にあります。

特に老化によるEDの発症については、身体そのものの衰えが関係していると言って良いでしょう。

身体が衰えてくると、どうしても新陳代謝も衰えてしまい、勃起をする力そのものが弱くなってしまいます。

そこでプロポリスを摂取すると、新陳代謝を活性化してくれるので、勃起をするための身体づくりをしてくれると考えてください。

プロポリス単体で劇的な効果が出るというものではありませんが、他の主成分と同時に摂取することで、勃起不全の解消につながってくるはずです。

また、プロポリスには血管障害を正常化させるといった効果も期待できます。

勃起をするのには豊かな血量が必要不可欠ですので、血流をアップすることになるプロポリスは役立ってくれるでしょう。

プロポリスが含まれるサプリメント

プロポリスを配合した精力剤としてはバリテインフェネプタイドが有名です。

いずれも主成分としての配合ではありませんが、補助成分として効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

どちらの精力剤もリピーターの率が高く、評価を受けているものですので、安心して利用してください。

精力成分百科事典トップ

ビタミン

精力サプリの成分に配合されるビタミン。ここではビタミンの効果をレポートします。

精力成分百科事典<ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)」についてご紹介します。

ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)

ビタミンは健康な生活をするには欠かせない成分です。

このビタミンなのですが、実は13種類もあります。

ビタミンAにビタミンB郡が8種類に、C、D、E、Kをあわせて13種です。

それぞれに人間が生きていくのに欠かせない働きを持っているのですが、ここでは特に精力剤として使われる成分にスポットをあててみましょう。

ビタミンA

※参考:Wikipedia「ビタミンA」

ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)の成分

精力剤として良く使われるのはビタミンB郡です。

正確にはビタミンB1であるチアミン、B2はリボフラビン、B3はナイアシン、ニコチン酸となっています。

B5はパントテン酸、B6はピリドキシン、B12はコバラミン、葉酸とビオチンとあります。

これらまとめてビタミンB郡と呼ばれることが多いです。

これらのビタミンは精神的なものに作用すると言われており、自律神経の安定には欠かせません。

自律神経が乱れていてはホルモンの分泌などもバランスが崩れてしまい、精力の減退につながるからです。

ビタミンB郡を多く摂取することで、精神的にリラックスができ勃起改善にも大きく役立ってくれます。

特に近年EDを発症している人の多くはストレスが原因である心因性のケースが多いので、ビタミンB郡はかなり重要な成分かもしれません。

もう1つビタミンで良く精力剤に使われているのはビタミンEです。

ビタミンEには抗酸化作用があり、血管障害を予防する効果が期待できます。

また、アルファ型と呼ばれるビタミンEには生殖機能を向上させる効果があるとされていますので、こちらも精力剤では定番です。

ちなみにアルファ型のビタミンEを多く含んでいるのは小麦胚芽になります。

ビタミンEを多く含んでいる精力剤は勃起維持の効果が期待できると言って良いでしょう。

ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)の精力効果

男性の場合、精力の減退とホルモンであるテストステロンの分泌は大きな関係を持っているそうです。

そのテストステロンを活発化させる効果が期待されているのがビタミンであり、精力剤には欠かせない成分だと言えます。

ただし、ビタミンだけを摂取すれば精力がアップするワケではありません。

飽くまでもビタミンは精力アップのきっかけを作るだけであり、他にも有用な成分とあわせて摂取することが重要です。

ですので、精力剤を選ぶ時にはビタミンB郡やビタミンEが入っているのを確認するだけではなく、他にどんな成分があるのか確認しておきましょう。

ミネラルやたんぱく質などバランス良く配合されているのがポイントです。

ビタミン(B1、B6、K、B2、A、D、B1、C、E)が含まれるサプリメント

ビタミンが多く含まれている精力剤としては、リザベリンゼルタイン
バイタルアンサ−などがあります。

中でも、ビタミンB1、B6、K、B2、A、D、B1、C、Eを含んでいるのがバリテインです。

ビタミン類はそれだけで精力剤とはならない成分ですが、他の成分と組み合わせることで、より効果を高めてくれます。

その他にもビタミンを配合しているサプリは、シトルリンDXgoing+(ゴーイングプラス)フュージョンEXギムリスベクノールライゼックスヴィトックスαGHプレミアムプロキオンなどがあります。

あとマカにもビタミンB1、2、6、12、Eが配合されていますので、マカエンペラーマカ&クラチャイダム12000マカ威龍マカ王ネイチャーシードマカ+クラチャイダムなどが有名です。

結果、上記のサプリのいずれも注目を集める精力剤となっています。一度チェックしてみてください。

精力成分百科事典トップ

発酵黒玉ねぎ

精力サプリの成分に配合される発酵黒玉ねぎ。ここでは発酵黒玉ねぎの効果をレポートします。

精力成分百科事典<発酵黒玉ねぎ>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「発酵黒玉ねぎ」についてご紹介します。

発酵黒玉ねぎ

精力剤と一口にいっても様々な成分があります。

有名な成分だけではなく、日常的な食べ物に含まれるものも多くあるのですが、意外と知らない人も少なくありません。

ここでは発酵黒玉ねぎについて考えてみましょう。

発酵黒玉ねぎ

※参考:株式会社メディカル・ニチワ「黒たまねぎ」

発酵黒玉ねぎの成分

そもそも発酵黒玉ねぎとはなにかといいますと、玉ねぎを発酵させたものになります。

発酵させることによって、もともと玉ねぎが持っていた有用な成分が倍増し、さらには体内に吸収されやすい形になるのが特徴です。

特に精力剤としての効果が期待できるのはシクロアイリンとポリフェノールの2つになります。

シクロアイリンとは玉ねぎにも含まれる成分で抗酸化作用を持つ成分です。

一般的な玉ねぎと比較すると、発酵黒玉ねぎはこのシクロアイリンが約30倍にも増えます。

また、ポリフェノールも有名です。

赤ワインなどに含まれる成分なのですが、こちらも玉ねぎが発酵することで、含有量が増加することがわかっています。

では、それぞれの成分について詳しくみていきましょう。

玉ねぎは食べることで血液をサラサラにしてくれる効果があるのは有名な話です。

その血液をサラサラにする効果を持っているのがシクロアイリンになります。

男性器が勃起するときには、海綿体に血液が流入する必要があるのですが、この時に血液がドロドロであれば効果が半減するのです。

反対に血液がサラサラであれば、海綿体にも血液が流入しやすくなります。

つまり加齢によるEDの症状には、こうした体調面での原因もあると言って良いでしょう。

発酵黒玉ねぎの精力効果

発酵黒玉ねぎは先にもお伝えしたように、多くのシクロアイリンを含みますので、精力剤としても利用できるのです。

もう1つのポリフェノールですが、こちらはケルセチンという成分です。

そもそもポリフェノールは動物には存在しない成分のことで、植物が持つ独自の物質だと考えてください。

発酵黒玉ねぎに含まれるケルセチンには血管を拡張して血流を良くしてくれるという作用があります。

先述したように勃起をするには血流の良さは欠かせませんので、ケルセチンもまた精力剤には有用な成分だと言えるでしょう。

もう1つ、ケセルチンには大きな役割があります。

それは男性ホルモンの1つであるテストステロンの分泌を抑制するという機能です。

テストステロンには性欲が刺激される働きがあるのですが、血中濃度が濃くなりすぎると反対に性欲が減退するそうです。

ですので、テストステロンの分泌を抑制してくれるケルセチンを摂取することは、性欲を維持するのに効果的なはずです。

発酵黒玉ねぎが含まれるサプリメント

気になるのは、発酵黒玉ねぎを成分として含有している精力剤でしょう。

代表的なものとしてはバリテインがあります。

主成分ではなくサポート用の成分として含まれることが多いのが、発酵黒玉ねぎの特徴かもしれません。

他の成分をより引き立てる形となりますので、精力効果の期待ができるはずです。

精力成分百科事典トップ

葉酸

精力サプリの成分に配合される葉酸。ここでは葉酸の効果をレポートします。

精力成分百科事典<葉 酸>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「葉酸」についてご紹介します。

葉 酸

精力剤の成分にはビタミンも多く含まれています。

ビタミンと言えば、一般的には野菜やフルーツからとれる健康に良いものというようなイメージがあります。

確かにそのとおりなのですが、実はビタミンと一口にいっても実際には13種類もあり、それぞれに異なる作用を持っているのです。

ここでは精力剤としても良く使われる葉酸について紹介しましょう。

葉酸

※参考:Wikipedia「葉酸」

葉酸の成分

葉酸もビタミンの一種で、正式にはビタミンB9と言います。

最初に葉酸が発見されたのがほうれん草からであったことから、ラテン語で葉っぱを意味するフォリウムから名付けられています。

植物に多く含まれる成分であり、血液と関係の深い成分でもあるのです。

基本的に葉酸が体内で不足してしまうと、悪性の貧血に陥ってしまったり、口内炎や食欲不振などを発症します。

DNAやRNAといった遺伝子を構成する核酸の合成に必要な成分でもあり、かなり重要な役割を果たしているといって良いでしょう。

妊婦、特に妊娠初期である4週から12週は葉酸を摂取するのが推奨されているのは有名な話です。

この時期は赤ちゃんの細胞分裂が特に盛んな頃でもあり、ここで葉酸が不足してしまうと神経障害などを発症しやすくなると言われています。

葉酸の精力効果

精力剤としての葉酸はどのように使われているのかというと、主に精神的な作用が期待されているそうです。

葉酸にはリラックスをさせる効果があります。

自律神経が常に緊張状態にさらされていると、血管は収縮をしてしまい、血流が阻害されてしまうのです。

男性器が勃起をするには血流が良くないといけませんので、緊張状態にあるのは良くありません。

そこで葉酸を摂取することによって、リラックスができるというのが大きな意味を持ってきます。

現代はストレス社会とも言われており、特に若年層でED症状が出るのはストレスが原因であるのがほとんどだそうです。

男性の性能力はとてもセンシティブなものですので、ストレスがかかることで勃起不全になってしまいます。

そうした症状に対して効果的なのが葉酸であると言って良いでしょう。

また、葉酸は先述したように核酸を作るのに不可欠な成分だけあって、精子の質を上げてくれる効果もあります。

葉酸をしっかりと摂取することで、染色体異常の精子を減少させることができ、胎児の奇形化などのリスクを低減できるそうです。

葉酸が含まれるサプリメント

葉酸が配合されている精力剤としては、バリテインバイタルアンサ−が代表的でしょうか。

いずれも主成分としてではありませんが、葉酸がしっかりと配合されています。

葉酸はそれ単体が精力剤として効能を発揮する成分ではなく、他の成分を補助する役割の方が強いです。

ですので、葉酸は上記のような使われ方が正解だと言えるでしょう。

また、上記のサプリ以外にも、フュージョンEXギムリステンザーゴールドヴィトックスαGHプレミアムシトルリンDXなどに葉酸が配合されています。参考にしてください。

精力成分百科事典トップ

ヘスペリジン

精力サプリの成分に配合されるヘスペリジン。ここではヘスペリジンの効果をレポートします。

精力成分百科事典<ヘスペリジン>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「ヘスペリジン」についてご紹介します。

ヘスペリジン

精力剤に良く使われる成分には抗酸化作用を持ったものが多いです。

抗酸化作用をもった成分は総じて血管に良い働きをするからなのですが、ここではヘスペリジンという成分にスポットをあててみます。

あまり聞き慣れない成分ではありますが、実は有名な成分でもあるのです。

ヘスペリジン

※参考:Wikipedia「ヘスペリジン」

ヘスペリジンの成分

ヘスペリジンはポリフェノールの1つであり、ビタミンPとも言われます。

青みかんなど柑橘系の果実の皮やむいた時にある白いすじに多く含まれている成分になります。

高い抗酸化作用を持っており、血管を強くするだけではなく、血流を改善することでも知られる成分です。

近年ではアレルギー反応を抑制する効果もあるとわかってきており、花粉症の予防薬などにも使われています。

先述したようにヘスペリジンはビタミンPと名付けられた成分ではあるのですが、研究の結果によって厳密にはビタミンではないとわかりました。

ですので、ヘスペリジンをビタミンPと表記することは減っているそうです。

現在ではビタミン様物質として扱われています。

ヘスペリジンの精力効果

もともとヘスペリジンは熱や光などに弱く、酸化しやすいという特徴を持つ成分です。

さらには水にも溶けにくく、人体に効率よく摂取するのが難しい成分であるとされてきました。

しかし、近年では水に溶けやすく、高い吸収力を持ったヘスペリジンが開発されており、サプリメントなどでも広く使われています。

もともと漢方では陳皮といって古くから用いられてきたり、欧州でも医薬品として用いられることがあるそうです。

ヘスペリジンを精力剤として見た場合は、やはり血管の強化や血流の改善効果が見込まれています。

特に抹消の細かい血管を増強させるといった効果は、勃起を維持させるためには欠かせない成分だと言えるでしょう。

さらには血流の改善効果まで期待できますので、勃起をしやすくさせる効果も期待できるはずです。

ちなみにヘスペリジンには血圧を下げるといった効果もあるそうなので、高血圧由来のEDについても改善できるのではないでしょうか。

さらにヘスペリジンにはビタミンCの吸収を促進させる効果もあるとのことですので、ビタミンCの持つ抗酸化作用にも期待できます。

ヘスペリジンが含まれるサプリメント

ヘスペリジンが配合されている精力剤にはバリテインが有名です。

バリテインでは主成分としてではありませんが、補助的な成分としての成分としてヘスペリジンは名を連ねています。

多くの成分が配合されているバリテインですので、ヘスペリジンの効果で血流を改善し、血管を補強することでより全身に有効成分を運ぶことができるでしょう。

精力成分百科事典トップ

パントテン酸

精力サプリの成分に配合されるパントテン酸。ここではパントテン酸の効果をレポートします。

精力成分百科事典<パントテン酸Ca>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「パントテン酸Ca」についてご紹介します。

パントテン酸Ca

精力を回復させる成分には様々なものがありますが、ビタミンも外せない成分の1つです。

今回はビタミンの中でもパントテン酸Caについて考えてみましょう。

パントテン酸Caとはパントテン酸とカルシウムが結合した成分です。

ただし、カルシウムを結合させているのはパントテン酸単体よりも水に溶けやすくするためになります。

含有量も少なく、成分としてみた場合に有効なのはパントテン酸の働きのみになると考えてください。

パントテン酸

※参考:Wikipedia「パントテン酸」

パントテン酸Caの成分

では、パントテン酸とはなにかですが、これはビタミンB5のことです。

ビタミンBに属する成分なのですが、5番目に発見されたことからB5と呼ばれています。

様々な食品に含まれているだけではなく、実は腸内細菌の働きにより体内で合成することもできる成分です。

体内で合成できるのであれば、わざわざ摂取する必要もないのではと思うかもしれませんが、実は多くの場面で使われている成分でもあります。

代表的なものとしてはエネルギー生産の補助の役割です。

人間の身体は摂取した食品を代謝して、エネルギーへと変換します。

この時にパントテン酸は脂質の代謝を補助することで有名です。

他にもホルモン合成にも関わっていって、ストレスを和らげる効果も期待できます。

さらには肌や髪の健康を保つ効果などもあり、非常に幅広い意味で役立ってくれるでしょう。

パントテン酸Caの精力効果

では、パントテン酸Caが精力剤に用いられるのはどういう理由があるのでしょうか。

代謝機能に関わるという部分で言えば、疲労回復や血液をきれいにできる効果が精力増強に関わってきます。

男性の精力を回復させるには身体機能を健康にすることが大切です。

特に血流は勃起できるかそのものに大きく影響を与えますので、パントテン酸Caの果たす役割は大きいと言えるでしょう。

代謝を促進し、エネルギーを多く生産すれば、体力の増強や疲労回復にも役立ってくれます。

これは滋養強壮の効果であると言っても過言ではありません。

ちなみにですが、ローヤルゼリーにはパントテン酸が多く含まれているそうです。

ローヤルゼリーの滋養強壮効果などは既に語るまでもなく有名ですので、パントテン酸Caが多く摂取することはアンチエイジングにも繋がります。

パントテン酸Caが含まれるサプリメント

では、実際にパントテン酸Caを使っている精力剤を紹介します。

代表的なのはバリテインバイタルアンサ−などです。

いずれの精力剤もパントテン酸Ca以外の成分も多く含んでおり、使い勝手の良いアイテムとして人気を誇っています。

精力剤には様々なものがありますが、パントテン酸Caを配合されたものは疲労回復なども見込めると考えて良いでしょう。

その他のサプリで、ゼルタインフュージョンEXギムリステンザーゴールドヴィトックスαGHプレミアムなどにもパントテン酸が配合されています。参考にしてください。

また、ストレスの緩和機能もあるので心因性のEDを発症している人にもお勧めできます。

精力成分百科事典トップ

バリン

精力サプリの成分に配合されるバリン。ここではバリンの効果をレポートします。

精力成分百科事典<L-バリン>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「L-バリン」についてご紹介します。

バリン

L-バリンというとあまり聞き慣れない方が多いと思うのですが、精力成分として精力サプリによく配合されています。

精力サプリメントを効果的に活用するためにもL-バリンにどんな効果が期待できるのか、どんな成分なのかを理解しておきましょう。

L-バリン

※参考:Wikipedia「バリン」

L-バリンの成分

L-バリンは必須アミノ酸の1種であり、体内で生成されるアミノ酸とは違い食品などから摂取するしかありません。

そのため人間の体にとって非常に重要な存在です。

この成分は体内の特に筋肉にたくさん存在しており体作りの一端を担っています。

また、体の成長を促進したり血液中の窒素を制御するような役割も果たしています。

L-バリンはこうした働きによって消費されていきますので効率よく摂取することがポイントになってくるでしょう。

L-バリンの精力効果

では精力成分としての具体的な効果を見ていきます。

先程血液中の窒素を制御すると紹介しましたが、これは精力増強にもつながる重要な働きです。

血液中の窒素、正確には一酸化窒素ですがこれは血流を左右しています。

つまりL-バリンを摂取することで一酸化窒素の制御が可能になったり、一酸化窒素の量が増えればそれだけ血流がアップするのです。

血流がアップすれば男性器に流れていく血液の量も増えて勃起しやすくなる、勃起力が高まるといった効果があるようです。

勃起力は加齢とともにどんどん衰えてしまう傾向が強いので、それを予防するためにも優れた成分というわけです。

また、同時に疲労回復効果も期待できますからしっかり疲れを解消して元気な体を維持しやすくなります。

気持ちはあるのに体力がついていかないなんてことも多いですからその意味でも便利な成分です。

精力の向上と維持に役立つ成分がL-バリンなのです。

L-バリンが含まれるサプリメント

精力成分として摂取しておきたいL-バリンですがクラチャイダムゴールドリザベリンゼルタインバリテインヴィオゼックスゼファルリン
ヴィトックスαマカ&クラチャイダム12000GHプレミアムといったサプリに配合されています。

これらは代表的なサプリなのでこの他にもL-バリンを配合しているサプリは増えてきています。

それだけ男性にとって有益な成分になっています。

毎日の食事だけではどうしても不足しがちになってしまう成分なので、精力向上や精力低下を予防するならこうしたサプリを活用することが大切でしょう。

L-バリンは男性機能の改善に大きな期待が持てます。

同時に疲労回復効果も見込めて健康的な生活を送るうえでも便利な成分なので積極的に摂取したいところです。

そのためにもL-バリンが配合されたサプリを使いこなしましょう。

精力成分百科事典トップ

ぶどう油

精力サプリの成分に配合されるぶどう油。ここではぶどう油の効果をレポートします。

精力成分百科事典<食用ぶどう油>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「食用ぶどう油」についてご紹介します。

ぶどう油

精力アップがしたい男性の方は、ぜひ食用ぶどう油に注目してください。

なぜなら、ぶどう油は精力アップに関わっているものだからです。
どういうことかこれから詳しく説明しますので、まずは以下の記事を読んでみてください。

食用ぶどう油

※参考:e食用油ガイド「ブドウ油(グレープシードオイル)」

食用ぶどう油の成分

食用ぶどう油とは、文字通り、に用いられるぶどう油のことです。

ぶどう油はぶどうの種子を圧抽することによって得られますが、これは白ワインを製造する際の副産物とされています。

食用ぶどう油の特徴は、の健康増進にも役立つ有効成分が含まれていることです。
例えばビタミンEの含有量は特筆すべきものがあります。

なぜなら、ぶどう油のビタミンEの癌湯量は、ゴマ油の約3.5倍、オリーブ油の約2倍だからです。
ビタミンEといえば抗酸化作用で知られていますが、そうした有効な成分の含有量が突出しているのが食用ぶどう油なのです。

またビタミンEに負けず劣らずポリフェノールがたくさん含まれていることや、コレステロールが含まれていないことなども食用ぶどう油の特徴です。

食用ぶどう油の精力効果

の健康増進が期待できる食用ぶどう油は、精力成分としても効果が期待できます。

なぜそういえるかというと、食用ぶどう油の中に豊富なビタミンEが含まれているからです。

そしてビタミンEといえば、血行を良くする働きがあるといわれています。

この血行が良くなるという状態は、精力アップにおいても重要な作用です。

なぜなら血行が良くならなければ、海綿体に十分な血液を届けることができなくなるからです。

そして海綿体に十分な血液が届かなければ、静的刺激を受けても正常に勃起させることができません。

このようなわけで、豊富なビタミンEを含んでいる食用ぶどう油には、精力成分としての価値も大いにあります。

食用ぶどう油が含まれるサプリメント

食用ぶどう油は、サプリメントの中にも配合されている場合があります。

例えばリザベリンバリテインゼファルリンベクノール、そしてグロスリンαがブドウ種子エキスとして配合されています。

これらの精力サプリには、中に食用ぶどう油が入っているので、精力サプリとして用いることができます。

食用ぶどう油を自分で抽出して飲むのは簡単ではありませんが、このようなサプリがあれば誰でも簡単に摂取することができます。

食用ぶどう油の中に含まれるビタミンEは、精力を高めるためにぜひ摂っておきたい成分です。

だからこそぜひ、精力サプリメントを通じて食用ぶどう油を取り込んでいきましょう。

精力成分百科事典トップ

ヘマトコッカス

精力成分百科事典<ヘマトコッカス>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「ヘマトコッカス」についてご紹介します。

ヘマトコッカス

あまり聞き慣れない、でも極めて重要な成分を含むヘマトコッカス。

今回はこのヘマトコッカスについて紹介します。

男性の方は要チェック要チェックしてください。

その理由は以下の記事をお読みいただければ分かります。

ヘマトコッカス

※参考:アスタビータ「アスタキサンチンの製造」

ヘマトコッカスの成分

ヘマトコッカスとは、アスタキサンチンと呼ばれる成分を含む藻の一種です。藻にはいろいろな種類がありますが、その中でもこのヘマトコッカスは2つの点で際立っています。一つは、その大きさです。サイズ的にはとても小さい藻なのです。

ヘマトコッカスの直径ですが、たった数十ミクロンしかありません。しかしこれだけ小さくても重要な栄養成分をその中に秘めているのです。その栄養性分こそが、アスタキサンチンです。アスタキサンチンは色素の一種で、老化防止や生活習慣病などに効果があるとされています。というわけで、この小さなヘマトコッカスのことをチェックしておいてください。

ヘマトコッカスの効果

ヘマトコッカスは精力成分としても有効だといえるでしょう。なぜならヘマトコッカスの中に含まれているアスタキサンチンには、活性酸素から脳細胞を保護する効果が期待できるからです。脳細胞が活性酸素によってダメージを失うと、性欲そのものが失われてしまう可能性があります。そして性欲が失われると精力を奮い立たせることもできなくなります。

このように脳細胞を活性酸素から保護することは重要なのですが、アスタキサンチンにはその効果を期待することができます。ですからこの点で、ヘマトコッカスは精力成分としても有効だということが分かります。ちなみにアスタキサンチンには痴呆症を予防する効果もあると言われています。このことから分かるのは、アスタキサンチンには脳を元気にする効果が期待できるということです。そして脳が元気になれば精力も高まっていきます。

ヘマトコッカスが含まれるサプリメント

脳細胞を活性酸素から予防する効果が期待できるヘマトコッカスは、男性用サプリでも使用されています。例えば男性用サプリで人気を集めて入るバリテインには、このヘマトコッカスが配合されています。

バリテインの中にはヘマトコッカス以外の成分もたくさん含まれているのですが、男性用サプリの中にヘマトコッカスサプリが使われているということは、この成分が期待されていることを示しています。男性の方は、ぜひこの成分に注目なさってください。とはいえ普段の食事でヘマトコッカスを摂るのは難しいので、そういう場合はサプリを活用してください。

精力成分百科事典トップ

ボタンボウフウ

精力サプリの成分に配合されるボタンボウフウ。ここではボタンボウフウの効果をレポートします。

精力成分百科事典<ボタンボウフウ>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「ボタンボウフウ」についてご紹介します。

ボタンボウフウ

ボタンボウフウは、別名長命草と呼ばれている多年草です。

沖縄県などの温暖な地域に自生する健康食材で、最近は青汁の原材料としてよく用いられています。

また、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいることから、精力アップの効果が期待できる成分でもあります。

ボタンボウフウ

※参考:「ボタンボウフウ(牡丹防風)」

ボタンボウフウの成分

ボタンボウフウは、九州や沖縄諸島に比較的よく分布しているセリ科の多年草で、地味な白い集合花を咲かせるのが特徴です。

沖縄本島ではサクナと言う名前で呼ばれているのですが、チョーミーグサとか長命草ともよく呼ばれています。

長命草という名前が一番ポピュラーで、1株食べると1日長生きできるという生命力の強さから命名 されました。

本来は海岸の断崖や岩場などの厳しい環境で自生する野草だったのですが、沖縄で栽培がスタートしたことから健康食材として広く知られるようになったのです。

長命草は栄養素が実に豊富で、ビタミンAやビタミンB2、そしてビタミンCやビタミンE、などのビタミン類や、さらにカルシウムやポリフェノールまで含まれています。

ボタンボウフウの精力効果

ボタンボウフウに期待できる効能としては、風邪やぜんそくに対する改善効果があり、風邪に対しては実際、風邪薬の用途として使われていました。

人間にとって必要なビタミンやミネラル、食物繊維をはじめ、ポリフェノールやカロテンなども含まれているので高い抗酸化作用があります。

活性酸素を除去する効果が期待できるので、血流改善に寄与し、美肌効果やアンチエイジングにも効果を発揮してくれます。

精力成分として利用されるのは、特殊成分のイソサミジンに高い血管拡張作用があるからで、血流が改善されることでペニス増大効果が期待できます。

冷え性やむくみの改善が期待できるだけでなく、勃起不全を解消して勃起力向上にも一役担っている成分なのです。

ボタンボウフウが含まれるサプリメント

精力増強にボタンボウフウが期待できるとすると、どのような精力サプリに配合されているのか気になりますが、バリテインヴィトックスαプロキオンが代表的なサプリになります。

これらの精力サプリを服用すると、動脈硬化などの疾患予防に効果を発揮してくれるとともに、精力アップにつながります

鉄分やカルシウムなどのミネラル類もしっかり含まれているので積極的に摂りたい成分で、排尿機能の改善にも効果が期待できます。

独自成分のイソサミジンには強力な利尿作用があり、血流の改善からこうした嬉しい効果の連鎖へとつながるのです。

年齢を重ねると尿の問題が懸念されますが、イソサミジンの働きが膀胱や前立腺を正常にするので、頻尿や残尿感などの症状を改善できる可能性があります。

ボタンボウフウは、ペニス増大に直結する成分ではありませんが、高い血管拡張作用があるので、血流の改善には役立つでしょう。

精力サプリで摂っておきたい、健康的に自然な感じで勃起を促がしたい人におすすめの成分です。

精力成分百科事典トップ

プラセンタ

精力サプリの成分に配合されるプラセンタ。ここではプラセンタの効果をレポートします。

精力成分百科事典<プラセンタ>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「プラセンタ」についてご紹介します。

プラセンタ

ウマ由来のプラセンタは、その名の通り、馬の胎盤から抽出されるプラセンタです。

豚プラセンタにはない6種類の必須アミノ酸が含まれていて、他のプラセンタよりもアミノ酸を多く含有していることから、精力サプリによく配合されています。

馬イメージ

プラセンタの成分

馬の胎盤から抽出されるウマ由来のプラセンタは、他のプラセンタと比べて約300倍ものアミノ酸を含んでいます。

また、その特徴として単に栄養が豊富なだけではなく、他の動物のプラセンタよりも安全性が高い特質があります。

豚プラセンタの場合、豚は大量に飼育されることから病気にかかりやすいリスクがあり、プラセンタに不純物が混ざる確率が懸念されます。

そうすると殺菌処理されることが多くなるので、どうしても栄養成分が少なくなりがちです。

その点、馬は病気にかかりにくい動物で寄生虫が住みつきにくい性質があるので、馬プラセンタなら不純物の心配は少ないです。

特に日本の馬プラセンタは、徹底した品質管理のもとで育てられた馬の胎盤から作られているので安心できます。

プラセンタの精力効果

ウマ由来のプラセンタには、具体的にどのような効果が期待できるのかというと、アミノ酸含有量が多いので、主に肌によい効果をもたらしてくれます。

アミノ酸は天然保湿成分の主成分になるので、保湿力やバリア機能を高める効果が期待できます。

精力成分としてはどのような効果が期待できるのかというと、細胞を活性化する成長因子が含まれているので、滋養強壮や精力増進効果が望めます。

摂取すると精巣内での精子細胞の生産力をアップする効果が期待できるので、妊娠の確率を高めることにつながります。

性行為の際に上手く勃起しない、あるいは精力減少などの性に関するトラブルにおすすめできる成分なのです。

細胞分裂を活発にして新しい細胞を生み出す働きがあるので、EDの治療に用いられることもあります。

プラセンタが含まれるサプリメント

ウマ由来のプラセンタは、精子の生産性を高める働きがあるので、精力サプリとしても優秀な成分になります。

どのようなサプリに含まれているのかとうと、それは精力サプリの中でも人気の高い多くの成分が配合されているバリテインです。

馬プラセンタにはアミノ酸が沢山含まれていますが、中でもアルギニンが実に豊富で、精力食材として有名なクラチャイダムマカの配合量を大きく超えています。

アルギニンは、精子の原材料の8割以上を占める有効成分なので、男性の精力アップには不可欠です。

このことから、馬プラセンタが非常に優秀な精力成分であることがよくわかるでしょう。

ウマ由来のプラセンタは、ビタミンやミネラル、酵素などが豊富なので、肌を若返らせるアンチエイジング効果が期待できる成分として人気です。

そしてアルギニンの量が豊富なので、精力アップや滋養強壮、EDに効果が期待できるとして精力サプリにもよく利用されています。

精力成分百科事典トップ

馬睾丸

精力サプリの成分に配合される馬睾丸。ここでは馬睾丸の効果をレポートします。

精力成分百科事典<馬睾丸>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「馬睾丸」についてご紹介します。

馬睾丸

馬睾丸はさまざまな精力サプリに成分として利用されています。

なぜ馬睾丸が精力アップにつながるのか、名前だけを聞くと想像しづらいですが効果を期待できるのは事実です。

馬睾丸に期待できる効果を詳しく紹介します。

馬イメージ

馬睾丸の成分

馬睾丸はその名前の通り馬の睾丸です。

日本ではそれほどではありませんが、世界的に見ると動物の睾丸を摂取するという文化はよく見られ、主な目的は健康維持です。

昔から気になる部分の部位を摂取すると良い働きがあると言われており、馬の睾丸も主に男性の精力アップのために食べられてきたわけです。

これは迷信ではなく実際に馬睾丸には精力アップが期待できる成分が含まれており、だからこそ現代でも精力サプリの成分として使われているのです。

馬睾丸の精力効果

馬睾丸にはアミノ酸が豊富に含まれていてこれが精力アップを期待できる大きな理由になっています。

アミノ酸は人間にとって欠かせない成分でタンパク質を構成しています。

精力アップどころか人間が活動できるのはアミノ酸のおかげと言ってもいいくらいで、普段あまり気にしないかもしれませんがなくてはならない存在です。

このアミノ酸を馬睾丸から摂取することによって精力の増進が期待できます。

しかも馬睾丸にはL-シトルリンが含まれていてこの成分は血流量の増加を期待できます。

精力がアップして元気になるだけでなく血流量の増加によって勃起しやすくなったり、勃起時のサイズアップまで見込めてしまうのです。

これは精力成分として非常に優れていると考えられます。

馬睾丸という1つの成分でこれだけの効果が期待できるのですから精力サプリに配合されるのも納得でしょう。

動物の持つ力の凄さを感じさせる成分といった感じです。

アミノ酸は精力に関わらず体の元気を維持するためにも有効ですし積極的に摂取した成分です。

同時にL-シトルリンの働きによって血流量まで増やせるとしたらたしかに万能な精力成分になります。

馬睾丸が含まれるサプリメント

ここまででとても優れた成分であることはわかりました。

では馬睾丸が配合されているサプリには何があるのでしょうか。

有名なところではバリテインが該当します。

バリテインには馬睾丸が配合されており、上記で紹介したように効果も期待できますから上手に活用していきましょう。

もちろん他にどんな成分が配合されているかも大切ですが、馬睾丸にも注目したいところです。

馬睾丸は精力に関する複数の働きが期待できとても便利な成分です。

増大サプリを選ぶ時は馬睾丸が配合されているかどうか、この点をチェックしてみるのもおすすめです。